会員ニュース

この人ご存知ですか?

今年5月頃ある知人から凄い人が来るからお話を聞きに行かない!?と誘われ京都南禅寺にその人のお話を聞きにいってきました。私はその時初めて知りましたが、インド仏教で頂点に立っている人がこの佐々井さんと言う方です。インド事情から表面上判らない仏教徒を含め1億5000万人~2億人のリーダーと言えるそうです。

この方は、ちょうど私の父親と同じ年ですが、40年以上も前に日本を離れ、現在では、インド仏教徒の尊敬を一身に集める存在となっているひとです。2002年には、インド政府からマイノリティー・コミッション(インド少数宗教委員会)の代表に任命され、名実ともに、インド仏教界のリーダーとして広く知れ渡るようになった方です。


40年前に何を考え、何の目的で行かれたのか!?その点に興味があり直接お話を聞きたく行ってきました。
自らの使命を果たすまで日本には帰らないと語っていた佐々井氏が、44年ぶりに突然日本に帰ってきた。1965年、29歳の時に日本を出て以来、実に 44年ぶりの帰国です。佐々井氏は、インドで菩薩道に邁進してきた佐々井秀嶺は、現代の日本を見て何を感じ、何を思ったのでしょうか…?
私が印象的だったのは、優しそうな笑顔と握手をしたときの温かくやわらかいグローブのような手の感触です。気さくにお話をしていただきありがとうございました。

佐々井氏は、短い期間での日本での滞在後、使命をもってインドに帰られました。

s-P5230029

※インタビュー中の佐々井氏

 

s-P5230036

※手前は、ジャッキー!撮影中一緒にお話をききました。

s-P5230048

※貴重な講演のひとつ(京都南禅寺)