会員ニュース

地盤調査

皆様、地盤調査って知ってますか?住宅を検討されてる方なら、

住宅会社などから聞いた事くらいはあるかと思います。

 

簡単にいうと・・

建物の工事前にその土地が建物の重さに耐えられる

地耐力があるかどうかの調査で、

 

その調査方法には・・

「スウェーデン式サウンディング試験」「表面波探査法」

「平盤積荷試験」「ボーリング(標準貫入試験)」などがあり、

 

一般的には・・

調査費用としては比較的安価である事から、多くの住宅会社で

「スウェーデン式サウンディング試験」を採用しています。

IMG_1070

 

ところで・・

「地鎮祭が終わってる土地なのに、建築工事が始まらないなァ?」

なんて現場、たまに見かけませんか?

 

すべてという訳ではありませんがこんなケースがあります。

「地鎮祭を終え、住宅会社の手配で地盤調査をしたところ、

問題が発覚し、その改良工事に何百万もかかる」なんていうケースです。

 

ただでさえ高額な住宅ですから、全額自己資金という方はマレで

多くの場合、住宅ローンなどを利用されると思いますが、

 

この段階まで来ていると・・

「住宅会社との建築請負契約を終えている」

「住宅ローンの融資が確定していて借入金の増額ができない」

「仮に借入金の増額ができたとしても、予算オーバーで返済していけない」

などなどの理由で打開策が見つからないという状況です。

 

普通に考えても、「追加で何百万」って言われて

「あ-そうですか」と簡単に払えるものじゃないですよね。

 

そこで・・

もし貴方がこの段階まできてしまっているとしたら、

調査方法を変えて再度、地盤調査を行うのも1つの手段です。

調査費用はまたかかってしまいますが・・

その結果、改良工事費用が何十万で済み・・

結果として「安く押さえられた」なんていうケースがありますよ。

(おかしな話ですが・・)

 

長くなりましたが、いわきは「盤膨れ」なんていう言葉もあり

地盤に問題がある土地は結構あります。

 

その建築地及び住宅計画(建て替えや土地購入など)により、

地盤調査のタイミング調査方法を臨機応変に対応しましょう。

 

ちなみに・・

前回のブログに載せたK様邸では、

建物の契約前に地盤調査を行いました。