会員ニュース

地震に強い家づくり・Part2

昨日、

前回に引き続き久之浜公民館主催の

「地震に強い家づくり市民講座」が開催され、

前回同様、

誠に僭越ながらその講師をさせて頂きました。

当日は大変お忙しい中、ご参加いただいたお客様

本当にありがとうございました。

前回の基礎編を踏まえ今回はその実践編という事で、

家づくりの実際の流れの中でのチェックポイントや注意点など

お話しさせて頂きましたが

少しは何かしらのお役にたてたでしょうか?

に、しても改めて思うに、「家づくり」とは‥

それがマリリンがこの業界に身を置く理由の一つでもありますが

本当に奥が深いですね。

細かい内容はさておき、

私が今回お話ししたかった事の一つは

「家をつくる本来の目的を忘れずに」

という事です。

大事(今回でいえばもちろん震災ですが)が起きると

どうしても、その大事に対する対策で頭がいっぱいになりがちですが

対策というのはあくまで、

目的を達成させるための手段であり、

その手段が「貴方が家をつくる本来の目的ではない筈だ」という事です。

そして今回の講座はその数ある手段や条件、例えば

「地震には?」も、もちろんですが他にも、

「火事には?」「津波には?」「寿命は?」「価格は?」

「構造は?」「断熱は?」「間取りは?」「保証は?」‥

あげればキリがありませんが、その内の一つだという事です。

それで‥

と、ここから先は公共性を失い、

マリリンの住宅観若しくは自社アピールになりそうなので止めておきます。

私もこの度の講座を通して、改めて勉強になりました。

また、このような機会を与えて頂いた久之浜公民館長様、

本当にありがとうございました。