会員ニュース

寿命?

いよいよ3月!

「TPP交渉参加!」

「聖域なき関税撤廃!ではない!?」

ふーん・・

「PM2.5、・・関税かけちゃう?」

先日、最近ではCMでMISIAが宣伝するマリリン号

「アイシス」の車検があり、

そのついでに、以前にも少し触れました

古くなったカーナビ地図データの更新も

いっしょにお願いしたんです。

近々、北関東道を走る機会の時にでも

「富士山」の辺りのナビ画像を

アップしようと思っていたんですが・・

(意味不明?、過去ログ見て下さい!)

「配線むき出しで色気もない!」

データ更新後、どうも不具合があり

只今メーカーにてドッグ入り中です。

「あー・・、結果寿命だなんて言われたら

なんのためにデータ更新したんだか(涙)」

車や住まいでも感じるんですけど

「寿命」ってどうなんでしょうね?

最近の車って、本当に性能が良くて

まずその心臓である

「エンジンが動かなくなって買い換えた」

って話、ほとんど聞かないですよね。

どちらかというと、

「家族構成が変わったんで、ファミリーカーへ」とか、

「エンジンは大丈夫なんだけど、

電気系部品やら何やらと故障続きで、嫌になっちゃって・・」

なんて事の方が多いんじゃないでしょうか?

住まいで言えば、

皆様も良く耳にすると思うんですが

「長期優良住宅法」という法があって、

メーカーさんによっては

「200年住宅!」

なんて看板を掲げるメーカーさんまで・・

人生70年とすると、

仮に70歳で子を持ったとしても3世代・・

(ありえませんけど)

という事は「曾孫の代?、のその先?」

確かに寿命が長いに越した事はないんですが

例えば住まいを箱と捉えて

仮に200年持ったとしても

その過程においては、

その箱自体のコーキングや塗装などの

メンテナンスとそのコストは必要不可欠でしょうし、

それでもキッチン、浴室や給湯器などの設備機器は

まちがいなく寿命が来るでしょう。

その頃になると、

どんな物かはともかく、まちがいなく

新たなより良い商品が開発されていますよね。

だけど、「じゃ、いざ交換!」となると

「この箱」あるいは

「その電気配線」あるいは

「その設備配管」には接続できません!

なんて言われたりして・・

また、最近あまり報道でも見かけなくなりましたが

しかしながら避けては通れない、

「今後の日本のエネルギー政策によっては!?」

なんていう面もあり・・

挙げ句の果てにそんなタイミングで、

「近々孫も増えるしなァ・・、部屋数も足りないか?」

で、いっその事

「建て替えよっか!」

なァ~んてね!寿命ではないのに・・

同じ不動産と言っても土地と違い、

消費税も掛かり、年数とともに古くなる住宅。

もしその建て替えの時点で

まだ資産価値があったとすると、

わざわざ解体費もぶったしで

その資産価値を捨てるって事ですね。

あまり背伸びな住まいの計画は

(不動産投資としては、)

ちょっとリスキーですね。

どうでもいいけど一体式ナビだとこんな時、

ラジオもCDも・・

「なァーんも、聞けねェ~ッ!」