会員ニュース

気になるニュース

寒いですねェ‥

空を見てるだけで寒波が分かるような寒空

IMG_0143

 

 

年末年始、気になるニュースがいくつかありましたが

私の気になるニュースの内の1つが

「アーバンエステート元会長、詐欺容疑で逮捕」です。

 

富士ハウスやアーバンエステートなどのパワービルダー倒産‥

一見「そんな事もあったっけな」とか、

「大きな住宅会社が倒産したって事でしょ?」で

流されてしまいそうですが

このニュースの注目すべきは「詐欺容疑で逮捕」です。

 

この手の類のニュースは

お施主様が住宅会社に多額の前払い金を支払ったにもかかわらず

工事が未完成若しくは未着工の状態でその住宅会社が倒産してしまい

会社の資産整理をするも、その債権者は

給料未払いとなったその会社社員、

資金を借りた銀行、

税金、施工業者などなど多岐にわたり、

お施主様への配当がほとんどなくなり、多くの場合

「やむなく泣き寝入り」というのが現状だったでしょう。

 

ところが今回のニュースでは更にもう一歩踏み込み、

アーバンエステートが既に経営が破綻状態である事を認識しながらも

顧客から前払い金をだまし取っていたのではという詐欺容疑での逮捕です。

 

同様にその以前に倒産した富士ハウスの元お施主様数人も

既に詐欺容疑での2次告訴の準備に入ったとか‥

 

また違った角度から、

銀行もその住宅会社の経営状態を把握していながら融資したのでは

という声まで聞かれ、まだまだ様々な問題が出てきそうです。

 

同業界に身を置く私としては今後もその動向に注目です。

 

 

少々長くなりますが

住宅業界に於いてはこの件も含め、様々な問題に対応すべく

瑕疵保証、完成保証、地盤保証などの体制を整えてきましたが

例えば今回のケースでいくと完成保証ですが、

実際には未着工の場合、保証の対象外と言われ

途方に暮れたお施主様もいらしたようです。

 

兎角、会社の倒産というと負債額の大きい倒産が

大々的にニュースになりますが、

ちょっと見方を変えて

実際に被害にあわれた消費者側の立場から見てみましょう。

 

1消費者当たりではどの位の被害なのかを・・