会員ニュース

確定申告・2

今頃アリオスでMISIA唄ってる・・

行きたかったなァ・・

先日、昨年お引き渡ししましたオーナー様と

またまた確定申告にお邪魔しました。

場所は前回にもご報告しました

「イオンいわき店」

当日の混み具合は・・・

「まだ比較的、空いてましたよ!

所要時間は前回同様、約30分程度だったと思います」

今回の目的は大本命の

「住宅ローン控除」

この時期、マリリンに

「一緒に確定申告行ってよ!」

なんて言うと、

「なにいってんですか!

家を建てた時しか経験できないんだから

是非、自分で調べて、自分で行ってみて下さい!」

なァ~んて通常は言われます。

(冷たァー!)

なんですが、

譲渡所得税や贈与税などの時は

大概いっしょにお邪魔してるんですが、

ローン控除に関しては振り返って見れば

暫く来てなかったという事もあり、

今回、久しぶりにご同行させていただきました。

それと「ご自身で!」の理由としてはもう一つ。

必要書類等に関してですが、

ローン控除に限らず申告内容により、おそらく皆様

事前に税務署やネットなどでご確認されると思います。

そして準備万端と思いきや、

担当員:「○○が足りませんね」それと

「△△はコピー不可です」

お客様:「えっ!税務署で確認した時、○○は言われてない!」し、

「△△はコピーだめだなんて聞いてないよ!」

担当員:「税務署員の誰が何と言ったんですか?」

お客様:「!、そんなの名刺もらった訳でもないし・・」

で、渋々出直し・・なんて事、実は結構あるんですよねェ!

必要書類が担当の解釈で変わるんじゃ、

知ったかぶりで、うかつにアドバイスできませんもんね。

「問題発覚で弱腰に・・」

なんていう面もあるかも知れませんが、

市役所などの自治体や社会保険事務所など、

昔と違い、かなり対応が良くなったと感じますが、

税務署は相変わらず「旧態依然」って感じ。

ところで、今回のケース・・

ご主人様、奥様の共有なんですが

事前にマリリンが確認した段階で

既に多少の書類不備あり

(具体的にどの書類の、どういう不備だったか書くと

また変な所からとばっちりが来そうなんで

ここでは止めときますね)

だったんですが、「ラッキー!」

(という表現もおかしい話ですが・・)

な事に、無事終了!!

そうなんです。

実は当日の現地対応スタッフによっても・・、

・・なんですよねェ~!

共有や連帯債務、連帯保証など

条件により変わるのもわかりますが、

せめてその必要書類の

「コピーの可否」や「期限の有無」くらいは

わかりやすく明示してほしいですね。

ついでにローン控除ネタでもう一つ

皆様、「復興特別税」はご存じですか?

今年から、サラリーマンの方でいけば

「所得税」で2.1%、「住民税」で年1,000円上乗せの形で

復興特別税が徴収されるんですよ!

年金同様、複雑怪奇な日本の税制ではありますが

以前にも少し書きましたけど、

ローン控除とは「所得税、住民税額」の範囲での還付ですよね。

という事は・・

復興特別税を「所得税」「住民税」として徴収という事だから、

「それだけローン控除額も増える!」という事ですね。

節税対策としては、正に「うってつけ!」

どうでもいいけど

今年、字が多くない?

「ガンバッテルネ!」って言ってくださいよ!