会員ニュース

素直な心

祝!某様邸改築工事無事お引き渡し!

「何とか月をまたがず、良かった・・」

先日、マリリン邸で救急車騒ぎがありました。

(くれぐれも・・

ブログに書くくらいなので大事には至っておりません。

当人も自宅でピンピンしておりますので、ご心配なく!)

また当日は夕飯時の家族団欒の時間帯、

ご近所様そして救急隊員様、

大変にお騒がせいたしました。

その状況はというと、

当日午後6時くらいだったでしょうか。

マリリンは会社に居たのですが、自宅家族より

「当人の様態がおかしい」との電話あり。

その様態を聞くと、以前にも経験のある症状。

「15分程で帰るので、それまで待つよう指示」

帰宅後、当人の意識、呼吸、顔色等確認後、119番へ電話。

住所、氏名、電話等と、当人の様態を告げ、

「意識、呼吸ともしっかりしているので

救急車に来てもらうほどではない」旨と、

「しかしながら病院には連れて行きたいので

時間的に看てもらえる病院の紹介」を依頼。

「3病院ほどの紹介と、電話連絡後行くように」

との指示を受け、電話を切る。

その後、指示を受けた病院と電話で話をしていると、

当人の顔色が見る見る変わりだし、

目が開かず、

呼びかけに応答がなく、

口から泡が!

再度119番へ連絡、救急車依頼!

それから間もなく到着され、

ベテランと思われる方1名と

体格の良い若手2名の3名で来られ、

見事な手際で処置が施され、窮地を救われました。

その後、病院まで送り届けて頂き

感謝の意を伝え、別れました。

当日の隊員さん、本当にありがとうございました。

と、まァーこんな感じ。

ここでマリリンのミスは2つありますね。

1つ目は、

医者でもないのに

当人の様子を過去の経験から、

大丈夫と判断した事。

2つ目は、

実は数年前にも救急車にお世話になった事があり

(この時も「マリリンが」ではないですよ!)

その時の隊員さんに

「このくらいの事で呼ばないでくれ」的な

ニュアンスの事を言われた事があり、

その経験からすぐに救急車を依頼しなかった事。

この件に関しては

隊員さんも決して悪気があってという訳ではないです。

相手の立場に立ってみれば、そうしてる間にも

もっと救急な事が発生する可能性があった訳ですし。

それにしても・・

「ヤバかった・・

危うく悔いの残る結果をまた一つ増やす所だった」

年を重ねると、その分だけ確かに

「経験は増えます」が、

だからといって、それが全て

「正しい判断に繋がる」とは限りませんね。

それと、相手の事を思いやる

「素直な心」って、やっぱ大事。

経験値だけで判断するという事は

既にその時点で、

「自分目線の判断」って事ですもんね。

まだまだ未熟なマリリンです・・