会員ニュース

薪ストーブ火入れ

今日もお天気は良いんですが、

 

 

気温はだいぶ涼しくなってきましたね。

 

 

 

そんな訳で6月にお引き渡ししましたA様邸の

 

 

薪ストーブ火入れ&ならし運転をしてきました。

 

 

 

何度か書いてますが、

 

 

暖房器具に薪ストーブを選択した場合、

 

 

最初はならし運転が必要です。

 

 

ですから、本格的な冬シーズンを迎える前に

 

 

そのならし運転をすませておく必要があります。

 

 

 

 

 

まずはA様ご主人様に最初の火を入れて頂き、

 

 

 

 

 

 

だいたい200℃前後でおちつかせて終了です。

 

 

 

 

この作業を本焚きの前に3度ほど行います。

 

にしても・・

 

 

 

 

雰囲気ありますなァ~

 

 

火が見える暮らし・・

 

 

 

 

あこがれますわァ~

 

 

 

 

 

その建物完成までは

 

 

ブログでも何度かご紹介しましたが、

 

 

見学会は残念ながらできませんでしたので、

 

 

お引き渡し後の進化など

 

 

少しばかりご紹介しますね!

 

 

 

まずは外廻りの外構工事なんですが、

 

 

そのほとんどをオーナー様みずから工事しました。

 

 

 

 

さすがっ!木製フェンスもお見事!!

 

 

 

建物本体のウッドデッキと同色で塗装した部分と

 

 

塗装されてない部分は焼きが入ってます。

 

 

 

使われているその木材・・

 

 

 

はて?、どっかで見たことあるような?

 

 

 

以前にも書きました雨樋からのステンリング下には

 

 

壺が置かれています。

 

 

 

 

 

 

高台で景色がいい西面には、A様邸の守り神!

 

 

 

 

ウルトラつながりの、今度は「セブーンッ!!」

 

 

・・

 

 

で・・、なんでその色?

 

 

 

 

木製フェンスのその奥には、

 

 

これまたA様オリジナルの薪小屋!

 

 

既に薪の準備は万端のようですなァ~

 

 

 

 

 

話は変わって、ハイブリッドログのN様邸

 

 

 

 

 

大屋根東面に、煙突登場!

 

 

 

最近よくブログ書いてるねッ!ヒマなの?

 

とか・・

 

言-わ-な-い-で