会員ニュース

足るを知る

いつ頃からか・・

 

 

 

かれこれ

 

10年以上は裕に愛用している

 

マリリンバッグの取手の革が、

 

ボロボロになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

流石にそろそろ直そうと

 

市内のレザークラフト屋さんなどを

 

数件、廻ったんですが

 

どこに行っても断られ。。

 

 

 

またその理由を聞くと、

 

職人さんのプロとしての言い分も

 

 

仕事柄もあってか

 

妙に納得はできたんですが、

 

 

 

「さてどうするか・・」

 

 

 

 

 

知人などに相談すると、

 

「いい加減、新しいの買ったらいいじゃん!」とか・・

 

 

 

「愛着ってもんがあんでしょがっ!

 

足を知れ!

 

 

・・

 

・・・

 

というか、

 

そんなお金持ちじゃないっつーの!」

 

 

 

 

 

「メーカーに持ち込んだらいいじゃん!」とか・・

 

 

「そりゃそうなんだけど・・

 

仕上がりが想像できて、

 

なんか面白くないな・・」

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

色々あったんですが

 

昨年末、受託クラフト屋さんがみつかり

 

ようやく先日、戻ってきました!

 

 

 

取手の革は

 

どの道いずれ黒くなるので、

 

エンジにしてみました。

 

 

 

とは言っても

 

色見本を見た訳でもなく

 

口頭で伝え、おまかせしたんで

 

少々不安ではあったんですが・・

 

 

 

 

ほぼイメージ通り!

 

 

「さーて、あと何年もつんでしょ!?」