会員ニュース

進化するハイブリッドログハウス【ソフト編】

先日、定期点検のため

某オーナー様宅にお邪魔しました。

今回の大項目は「セトリングボルト調整」

セトリング(ログハウス用語かな?)とは・・

ログ材の乾燥による収縮や

ログ材自体の自重により

ログ壁(当社の場合1階部分のみ)が

徐々に低くなる現象の事で、

その対策としては・・

ログ壁の中にセトリングボルト

(ログ材が収縮した際、締め付けるボルト)

を通したり、

窓などの開口部上部にはセトリングスペース

(ログ壁が低くなる際、同時に窓などが

つぶされる事を避けるスペース)

を設けたりしています。

で、なぜログハウスには

そのような対策が必要かと言えば・・

普通の家と比較して、簡単にご説明すると

普通の家(木造在来工法)は、

柱を見ても解るとおり、

木を縦に使うのに対し、

ログハウス(木造丸太組構法)は、

木を横に積み上げて

壁を構成しています。

木というのは、

木の繊維方向(いわゆる縦方向)には

収縮しませんが、

横方向には収縮します。

ですから普通の家には、

こういう対策は必要ありませんが、

ログハウスには必要な訳です。

いわゆるログハウス特有の現象ですね。

で、今回はその

セトリングボルトの調整のため

お邪魔したんですが、

すみません・・

肝心の「ボルト調整の仕方」画像、取り忘れました。

旧ブログ【メンテナンス編】にも

画像がございますので

そちらをご覧下さい。

それで、その

ボルトを締める強さなんですが・・

そこは、マリリンお得意の

“野生の勘頼り”となっております!

(今回はこれから本格的梅雨シーズンのため緩めにしときました)

某様邸進化【ソフト編】

広々ウッドデッキに設置されたオーニング

屋根瓦の緑や

ウッドデッキ前に広がる山の緑とも

相まって・・Gooッ!!

薪ストーブのあるくつろぎのリビング

重さも何も気を遣う事のないログ壁に

思い思いの小物達。

ソファーや絨毯の

色合いも・・オッシャレー!!!

オーナー様それぞれに

「Cozy☆Lライフ」

楽しまれてますね!

イイナァー・・