会員ニュース

A様地鎮祭

以前、地盤調査でご紹介しました

 

 

常磐地区A様ですが、

 

 

某日吉日、地鎮祭を無事、執り行いました。

 

 

 

 

地鎮祭とは・・

 

 

(以前にも書いた気がしますケドモ、あらためまして)

 

 

 

工事を始める前に、その土地の神を鎮め。。

 

 

 

その土地利用の許可を得て。。

 

 

 

工事の無事と、その家の繁栄を祈願する儀式。。

 

 

 

なんだそうです。

 

 

で、この地鎮祭・・

 

 

 

流石にそうそうある機会ではないので

 

 

わからない事や不安な事が

 

 

たくさんありますよね!?

 

 

 

例えば「準備する物は?」とか・・

 

 

 

「時間は?」とか「服装は?」とか、

 

 

 

はたまた

 

 

「そもそもやらなきゃダメなの?」とか。。

 

 

 

準備物については以前にも書いたんで

 

 

今回は時間・・と言いますか、

 

 

次第についてちょっとご紹介しますと、

 

 

 

『修祓、降神、献鐉、祝詞奏上、四方祓い、

 

 

地鎮、玉串奉奠、撤鐉、昇神、神酒拝戴』

 

 

 

といった感じの次第で進みまして、

 

 

開式からの時間としては約30分程度ですかね。

 

 

 

上の画像は、この内の「四方祓いの儀」になります。

 

 

(因みに・・、

 

 

マリリンが興味深く見守っているのは「降神の儀」です!)

 

 

 

式の間、お施主様が特に

 

 

「何をする」という事もないんですが、

 

 

 

 

しいてあげるなら、次第の内の「地鎮の儀」

 

 

別名「鍬入れの儀」でして

 

 

 

この時お施主様に、

 

 

祭場に用意された盛り砂に鍬入れをしていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ、

 

 

「基礎工事着工」です!!