会員ニュース

ハイブリッドログハウス【施工編】

台風一過で、気持ち良いお天気でしたね~♪

もちろん警報解除ですよ~!

 

ちょ-っとふざけたブログが続いてたんで、T様現場報告も兼ねて

施工編の中でも今回の警報の目的でもあり、

雨漏れの「原因」&居心地の良い空間の「要因」でもある、

セトリング対策について書いてみます!

 

「目がシバシバしちゃうカモ?」&「奥様方に不評!」のヤツ(笑)

 

 

まずは<造作間仕切り壁編!>

ログ構造壁と造作壁の取り合い部分

 

 

 

 

 

 

 

調湿作用のあるログ壁はその調湿と同時に、

青矢印のように収縮・膨張を繰り返します。

そのためログ構造壁と造作壁の取り合い箇所は、

固定ビスがその影響を受けて動いても

赤矢印のように逃げられるようになってます!

 

で、その造作壁上部の2階床梁との取り合い箇所も

 

 

 

 

 

 

 

青矢印のログ構造壁の収縮と共に下がる

黄矢印の2階床梁に対しても、その影響を受けないよう

赤矢印のように逃げられるようになってます!

 

 

続きまして<開口部編!>

要するにセトリングって「建物が上下に動く!」って事ですから、

先程の造作間仕切り壁の他にも、

マドや建具なんかの開口部も対策が必要なんですよね。

 

そうしないと例えば玄関ドアとか掃き出しマドなんかが、

開かなくなったり、最悪「グシャッ!」って潰れちゃいますからね!

そんな現象を防ぐために

 

 

 

 

 

 

 

青矢印のログ構造壁の収縮と共に下がる

黄矢印の2階床梁・桁に対しても、その影響を受けないよう

赤矢印の「セトリングスペース」という隙間が確保されてます!

 

これは当社に限らずなんですが、

ログハウスってほぼほぼ窓の廻りに窓枠が廻ってますよね?!

 

見学会なんかでよく「カワイイッ!」なんて言われますが、

要はこのセトリングスペースを隠す事が本来の目的なんです。

 

さて、ここで質問です!

この「セトリング対策」。他にはどこに対策が必要でしょうか?

さっきも書いたんですけど、ヒントは「建物が上下に動く!」です。

 

 

ピンポ~ン!(古っ)、正解は階段ですね!

残念ながら階段はまだ設置されてないんで<階段編!>はまた今度!

・・・

画像がちょっと建物感がなかったんで外観!

 

 

 

 

 

 

 

空気も澄んできたせいか色合いも・・

「ス・テ・キ!」で、その2階内観!

 

 

 

 

 

 

 

意外~と、順調!